ブログ

2012.12.22

静岡県 駿河湾のアオリイカ釣り 2012年12月21日

鮎釣りからの投稿です

4時に起床して、前日漬け込んだニジマスを干し、山梨を6時30分に出発、案の定通勤ラッシュにハマり、沼津市に着いたのは9時、活きアジはコメントして頂いた方から教えて頂いた「栄昌丸」で、アジ大20匹2000円で購入しました。
値段も「トージン釣具店」さんよりも安く済みました、ありがとうございました。
早速準備を始め、ヤエン二刀流で午前10時にスタートです。
竿を出した隣りでエギを投げようと竿を出し、リールを付けようとした所、エギング用のリールは磯竿に付けてしまった事に気付き、今日はヤエン一筋で勝負です。
置き竿にしていた竿が、二本共動かなくなってしまったので見て見ると、何と二本共根掛かりしていたので切ってしまいました。
開始早々、アジが2匹ロストですよ、参ったなぁと思っていた所に、遅れて同行者が来ました。
フライフィッシングで使用している椅子を出し、椅子に座りながらのんびり釣りをしていたのが敗因だったようです。
同行者のアドバイスに従い、椅子は片付け竿は一本にして手に持つ事にして再スタートです。
いやー、今日は風も無く暖かくて身体に優しいですね、昨日の氷点下の中での釣りとは全く違います。
潮風も心地よく、時折沖の方でナブラを追いかけている青物が見え、こんな所に住んでみたいなぁなどと、想いにふける私でした。
昼食タイムになったので、置き竿にして準備、今日の昼食は、カップラーメン、オニギリ2個、おでん、コーヒーです。
昼食を食べていると、置き竿にしていたリールが2回鳴り止まり、その後アジが暴れているのが竿を見て分かります。
どうも、何かが食いついた様ですが、その後リールは鳴らなくなったのでリールを巻き上げると軽い、何も付いていないようでしたが、取りあえずゆっくりリールを巻き上げて見ると、アジが見えて来ました、やっぱり何も付いていませんでした。
水面までアジが浮いて来た所で良く見ると、あれ何か付いてる、黒色している、あれーイカが付いていました。
食い付いているイカが小さく、アジは殆ど食べられていない状態だったので、ラインを送り追加食いさせる事にして待ちました。
アジの頭が落ちたので、テンションを掛けない様にしてリールを巻き上げ、水面まで浮いて来た所で同行者にタモですくってもらおうとした所、寸前の所でアジを離してしまいました、残念。
直ぐ離してしまったアジを投げると、何と先程離れてしまったアオリイカが、再度食い付いて来ましたよ。
今度はヤエンを投入、行けーとばかり見ていると、ヤエンがアジに届いた所でアオリイカが逃げてしまいました。どうも、ヤエンがアオリイカに当たり、逃げてしまった様です。
ヤエンを外し、またまた再度食われたアジを投げると、暫くしてアオリイカがやって来て、またまたアジに食い付いて来たではありませんか。
馬鹿なアオリイカだなぁ~などと感心しながら、再度ヤエン投入、行けー今度こそ、ヤエンがアジに届く前に糸ふけをとり、アジの下に行った所で一気に合わせると、アオリイカが逆噴射をしながらスミを吐いたので、一気にリールを巻き上げタモですくいゲット、海の透明度が高かったのでヤエンが良く見えた事が幸いしました。
チビアオリイカですが、私にとっては大きい一杯です
その後、アタリは全く無くなり14時20分に終了、先程釣れたアオリイカは、活かしバッカンに入れて、以前から妻と約束していた「アオリイカを活かして持ち帰る」事にしました。
人生初アオリイカを釣り上げた時も、活かしバッハンに入れておいたのですが、自身で吐いたスミで、お亡くなりになっていました、馬鹿だねー。
そんな事があったので、今回は大丈夫かなと不安ながら、妻にアオリイカを活かしたまま持ち帰る事を伝え帰宅、恐る恐るフタを開けて見ると、なななナント、良かったぁ活きていましたよ、ピロピロと泳いでいます。
箸で突いて見ると、怒って黒くなります、その様子を隣りで見ていた妻が、ニコニコと笑っています、幸せだなぁ~。
約束が、ようやく果たせて本当に良かったです。
魅惑の踊りをする、おちゃめな姿
とっても綺麗な色をしています
アオリイカを検量すると144gと小型でしたが、自宅に活かしたまま持ち帰り、十分楽しめました。
次回は30日、チーム エキサイトの忘年会の次の日に「烏賊がなものか」グループによる、駿河湾で熱いバトルを繰り広げる予定です。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

  • ホーム
  • ブログ
  • 静岡県 駿河湾のアオリイカ釣り 2012年12月21日