ブログ

2012.12.10

人生、初アオリイカ釣りました  静岡県 沼津市 2012年12月1日

                              鮎釣りからの投稿です
今日は、「釣れないエギ師」の卒業式。
卒業式会場である、静岡県沼津市へ出掛けて来ました。
週末と云う事もあり、自然渋滞にハマり、沼津市に着いたのは11時30分。
時間が昼前なので、沼津港で有名な「魚河岸 丸天」に寄りました。
山梨のテレビでCMされているお店で、私も何度か行った事があるお店です。
注文したのは丸天丼(数量限定品)と、かき揚げ(当店自慢品)です。
大変なボリュームで大満足な私、これは卒業式の前祝い、2415円と豪華に奮発しました。
釣り具・釣り餌トージンに寄り、アオリイカ釣りの情報を聞くと、何処でも釣れるよとの事でしたが、今日は風が強いと云う事で、内浦湾内のポイントを幾つか教えてくれました。
私の持っている、アジ活かしブクは4リットル、お店の方は1リットルにアジ1匹と教えてくれたので、4匹のアジを購入して、早速ポイントを目指しました。
幾つか見て回った結果、誰も居ない、イカスミの跡が多数あった場所にしました。
活きアジを購入しているので、まず浮き釣りから14時30分スタートです。
アジを深みに送ろうとしますが、なかなか鮎の様には行かず、四苦八苦。
何とか送り待っていると、浮きが沈んだり浮いたり、これはアオリイカのアタリかーと思い、リールを巻き上げると、アチャー根掛かりですよ、竿を何度かあおるとラッキー外れたと同時に、ググ―と引きがありましたが、急に軽くなりました。
リールを巻き上げると、アジの頭がありません。
開始15分後の出来事、アオリイカに食べられてしまった様です。
2匹目のアジを付け、深みに送っている時に、ユウチャン師匠から電話が入りました。
通話も終わりアジを深みに送る続きをしようとしますが、アジが動きません。
参ったなあ、今度も根掛かりかぁーとリールを巻き上げると、そのままするすると寄って来ます。
アジを見ると、首の部分がかじられています。
アチャー、またアオリイカに食べられてしまいました。
10分後の出来事なので、此処には沢山のアオリイカが居る事が実証されました。
3匹目のアジを付けようとした所、ジャンプ一番逃げられてしまいました。
大事なアジが、ラスト一匹になってしまいましたが、どうもこのアジは泳いでくれません、10分程やって見ましたが駄目だったので、諦める事にしました。
活きアジが無くなってしまったので、今度はエギでチャレンジです。
3投目でフォールした時に、グーと何かがエギを引っ張る感覚が・・・。
直ぐ、リールを巻き上げましたがイカは付いていませんでした。
エギを見ると、胴体の部分に剥がれた跡があったので、アオリイカが抱いたのは間違いありません。
16時10分からエギを投げ始め、ユウチャン師匠が来る18時11分まで頑張りましたがアオリイカは釣れませんでした。
ユウチャン師匠から「今日はヤエン一筋で行きますよ、私の云う通りにして下さい」との事なので、足場の邪魔になる為、私の釣り道具は片付ける事にしました。
その間、ユウチャン師匠は準備に忙しく、手際良く進めています。
アジを付けて投げて送るまでユウチャン師匠が全部やってくれて、竿を渡そうとした時にアオリイカのアタリ、早速ですよ、第1投目からですよ、多少のやりとりをしてくれた後に竿を渡され、ユウチャン師匠の云う通りに竿さばきをする私、そしてヤエン投入、暴れ出すアオリイカ、浮いて来たアオリイカをギャフで仕留めてもらいアオリイカを私の所に持ってきてくれました。
やったぁー、初アオリイカをゲットしたぞー、屈折11年長かったぁー、と思いましたが、ちょっと待てよ、殆どユウチャン師匠がやってくれたんだよね、何か自分で釣った気がしません、そうなんだよね自分で全部行ってこそ釣ったぁーって言えるんだよね。
ユウチャン師匠に失礼の無い様に説明をして、今度は自分一人で行う事に。
アジを付け、沖に送り待っていると、何かアジの動きでは無い動きが竿を持っている手に伝わります。
アオリイカの動きなのかどうか分からない事と、もし間違っていたら恥ずかしいので暫くそのままにして、様子を見ました。
すると、ユウチャン師匠の後輩がやって来ました、遅れて後輩のお兄さんと家族の方達も合流。
やっぱり、何かおかしいのでユウチャン師匠に「掛かったみたい」と云うと、私のそばに来てアドバイスを始めました。
云われた通りにするのですが、イカの逆噴射が強く思わず慌ててしまう私、落ち着くように云われ、アオリイカを浮かせた後ヤエンを投入(これはユウチャン師匠にやってもらいました、まだ投入の仕方を教わっていません)アオリイカが暴れ出したと同時に一気にリールを巻き上げると、ユウチャン師匠「でかい、キロサイズだよ」と云い興奮していますが、私は大きさや重さがピンと来ないので変に冷静です。
ギャフを使い引きあげると、本当にデカイ、見事な大きさです。
今度こそ、自分で釣ったアオリイカ、最初から最後まで自分で行いゲットしたアオリイカ、約束通り大声を出して叫ぼうとしましたが、後輩やお兄さんや家族の方達がいたので恥ずかしくて口に出して言えず、心の中で叫びました「獲ったぞー」
どうですか、この私の笑顔、これが屈折11年の顔ですよ、隣りではユウチャン師匠も祝ってくれました
ヤエンさん、ユウチャン師匠へのアドバイス、ありがとうございました。
2杯共、ヤエンさんのカブトヤエンでアオリイカを掛けましたよ。
アオピにエントリーする事で、私にもアオリイカが釣れるのではないかと、自己紹介文に載せ、自分にプレッシャーをかけ、1回目の釣行、2回目の釣行、3度目の正直でも私にはアオリイカが釣れません、潮の状況は良かったのに、本当に自分が情けなくなって来ました。
妻には、今日は絶対アオリイカを持ち帰るからと云いながら持ち帰れず、妻は毎回私の帰りを起きて待っていました。
アオピエントリーも12月2日までと、今日を逃したら釣果無しでチーム戦でも迷惑をかけてしまいます。
これで、ようやくアオピに2杯エントリーする事が出来ました。
真剣そのもの、後ろ姿が語っていますねぇー
その後、ユウチャン師匠も竿を出し、アオリイカをゲット、私は2回アオリイカが乗りましたが、ゲットするまでには至らず、21時で終了する予定が、22時30分まで延長してしまいました。
クリーンクリーンも忘れずに
376gありました
708gありました
深夜1時過ぎに帰宅したのにも関わらず、今夜も妻が起きて待っていてくれました。
早速袋から出し、私の釣ったアオリイカを妻に見せる事が出来ました。
一緒に食べようと思ったのですが、夜も遅い事からアオリイカは明日の昼食で頂く事にして、休みました。
本日は、無事「釣れないエギ師」を卒業する事が出来ました。
ユウチャン師匠から卒業証書であるカブトヤエンを頂きましたが、今日が私のアオリイカ釣りのスタートになりました。
やっぱり、エギよりもヤエンですかね、早速タックルを揃えちゃおうっと。
あれれ、何処からともなく声が聞こえて来ます。
「鮎釣りさん、エギでは釣っていませんよね。それって釣れないエギ師卒業ではないよね」
ムムム、聞き捨てならない言葉、鮎釣りもそうですが、私は釣り方に拘っていません。
今まで、言い方を間違えていました、すみません、本当は「アオリイカを一杯も釣った事のない釣り師」でした。
諸先輩方、ヨロシクです。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

  • ホーム
  • ブログ
  • 人生、初アオリイカ釣りました  静岡県 沼津市 2012年12月1日